1,482km

1,482km。

2015年に走った距離です。
少ないなー
ほんと、2015年は色んなことがあって走りに行けなかったもんなー

とは言え、良い景色を眺めながら走り、美味しいものを食べてお腹いっぱいになる、
自転車でのんびり走ることはストレス発散になりました。

お付き合いくださったみなさん、ありがとうございました。
今年はもうちょっと走りたいです。
よろしくお願いします。

| | コメント (2)
|

2,163km。

2,163km。

・・・今年走った距離です。
3月というのに自転車人生最強(最強過ぎて笑みがこぼれたくらい)の 猛吹雪の中 を走ったり、大河ドラマ「黒田官兵衛」ゆかりの地を走ったり。久しぶりに 聖地さぬき のうどん屋さん巡りをしたり、関西に住んでいながら初めて 琵琶湖湖畔 を走ったり。
そしてそして、今年は長年の夢だった 日本列島横断!(舞鶴〜香櫨園浜)を達成することができました。

今年も一緒に走ってくださった皆さんに心から感謝。ありがとうございました。
新しい一年も、元気に楽しく走ることができますように。

| | コメント (0)
|

1,933km

1,933km。

週末毎に雨になった8月。台風の多かった9月。いつになく寒い12月。予定がキャンセルになったり、スタート時間を遅くしたり。あ、いえ、一年間の走行距離が2,000kmを切ってしまった言い訳ではありません。。。って言い訳以外のなにものでもないか。

今年も楽しく(時には辛い時もありましたが、、、)走りました。一緒に走ってくださった皆さんありがとうございました。来年も楽しく元気に走れますよーに。

良いお年を。

| | コメント (0)
|

2,195km

2,195km。

今年一年間の自転車での走行距離。
「今年は3,000キロ走るのだ!」と意気込んで2012年を迎えたものの、残念ながら遠く及びませんでした。
しかし、生まれて初めて宮崎県に足を踏み入れたり、新緑の白馬を走ったり、久しぶりにMTBで山道を走ったり、はたまたキャンプをしたりと今年も愉しい一年でした。

一緒に遊んでくださった皆さんに今年も感謝です。来年も皆さんと楽しく元気に色んなところを走れますように。

良いお年を!

| | コメント (0)
|

2,210km

2,210km
2011年に自転車で走った距離。

あまり遠出はしなかった2011年。そしてエントリーしたにもかかわらず大雨や台風で走れなかったサイクリング大会が二回もあった。・・・にもかかわらず2,210kmと言う記録はなかなかのものである、と自画自賛。あまり長い距離は走らなかったけど、その代わり週末小まめに走りに出掛けた成果である。

今年は真夏の炎天下に 「四国の右の下」 を走ったし、久しぶりに 「しまなみ海道」 も走った。そして一番嬉しかったのは比較的近くにある 「島」 にもかかわらず今まで機会に恵まれなかった念願の小豆島 を走れたこと。これでまた 「自転車で走った島々」のデータベースに新しい島が一つ加わった。

毎年年末になると同じことを書いているが、一人で走ったってちっとも愉しくない。一緒に走ってくれる仲間がいてこその 2,210km。一緒に走ってくれたみなさんに今年も感謝。そして来年も怪我なく愉しいサイクリングができますよーに。

良いお年を。

| | コメント (1)
|

祝 iPhone一周年

ふと思い立って手に入れた iPhone4。早いものであっという間に一年が過ぎた。その後日本の携帯電話市場はスマートフォン一色に染まる。ワンセグや電子マネー機能も付いた機種が次々と登場し、スマートフォンもまたガラパゴス化しそうな勢いだ。

一年を振り返って iPhone にして良かったことを整理しておこう。

GPS機能付の地図アプリ、方向音痴なわたしには手放せない必需品。
もう迷わない。

・移動ログを記録してくれるアプリ、自転車で連れて行ってもらったコースを後からちゃんと確認することができる。
もう悩まない。

・スケジュール、と言っても日記代わりの予定表だが、Googleカレンダーとネットワークで同期されるのはとても便利。ついにザウルスにたまっていた10年以上の予定表も iPhone に入れてしまった。
ますます覚えられない。

・過去に三日坊主で終わったお小遣い帳、いつも手元にある iPhone のアプリなら続けられる。
もう無駄遣いしない、、、しない?

Facebook を始めたお陰で、久しぶりの大学時代のクラブのお泊り同窓会もとんとん拍子に決まる。
もうご無沙汰しない。

他にも多彩なアプリがロード・レースの結果を教えてくれたり、カウントアップ・カウントダウンしてくれたり、星座をみせくれたり、月の満ち引きを教えてくれたり、世界遺産を紹介してくれたり、、、と暮らしが便利になり豊かなになった。唯一のマイナス点は電車の中での読書時間が減ったこと。

iPhone をはじめとするスマートフォンは、アプリをはじめネットやメールがパソコン並みに使えることはもちろんだが、タッチパネル操作が従来の携帯電話と比べて使い勝手を良くしている重要なポイントだと思う。
そう考えるとつくづく残念に思うことは、Appleよりずっとずっと前にタッチパネルと多彩なソフトでPDA界の王様だったザウルスが(たとえば、) Zaurus Phone として今の時代に生き残っていないこと。これは Clie というPDAと Walkman を作っていた Sony にも当てはまる。

このブログ、Zaurus Phone からアップしましたー!・・・なーんてことになってたかも知れないのに。ね?

| | コメント (2)
|

四国の右下ロードライド2011

このクソ暑い7月に四国で開催される 「四国の右下ロードライド」 というへんちきりんな名前のサイクリング大会。「参加しませんか?」 と誘われ、何か難癖をつけて断ろう、とサイトを覗いてみる・・・とそこに 『開通前の日和佐自動車道を走ります』 と書かれているではないか、、、。つまり、この日を逃すともう二度とこの道を自転車では走れないわけで、となると希少性にめっぽう弱い私は暑さのことなどすっかり忘れて 「参加します」 と返事してしまった。

2011年7月10日、舞台は徳島県美波町(旧日和佐町)。廃校になった日和佐高校 (現在は 「ウェルかめ博物館」 となっている) に約500人のサイクリストが集まった。コースはファミリーコース20km、ハーフコース60km、ロングコース116kmの三つ。自称ベテランサイクリスト、ハーフじゃぁ物足りないでしょ、とロングに申し込んだ。(・・・が、当日、後悔の嵐が吹き荒れる。)

エントリーと開会式を終え、スタート地点の日和佐自動車道の入口に移動しスタート。とりあえず朝も早く涼しいので快調に走る。

日和佐自動車道入口のスタート地点
Migishita_01

自動車専用道路だー
今日しか走れないんだもんねー
と最初は超ご機嫌。

じどーしゃせんよーどーろ
Migishita_02

しかし自動車専用道路は直ぐに終わり一般道に出る。車の少ない緑いっぱいの快適な道なのだがとにかく暑い。陽が高くなるにつれ更に暑くなる。気温の上昇に反比例して気分が下がってくる。

約60kmで一旦ゴール地点を通過するのだが、その時、もうゴールしちゃう?という誘惑に駆られる。とにかく暑いのだ。後半はまず美波町とお隣の牟岐町を結ぶ観光道路 「南阿波サンライン」 を走る。そりゃエアコンの効いた車で音楽を聴きながらドライブしたらさぞかし気持ち良かろうがこっちは無防備な自転車だし。登り坂と暑さ、登り坂と暑さ、の戦いだし。帰りの国道55号もこれでもかー?というくらい延々登り坂が続くし。。。

南阿波サンライン Migishita_04

・・・と不満ばかり書いてしまったようだが、辛かった分だけ達成感も大きい。登り坂があればその先には必ず下り坂のご褒美も待っている。ゴール手前の約10kmは木陰たっぷりの涼しい裏道を走らせてくれたし、何よりあの炎天下のもと、いつやって来るなかわからないライダーを待って贈ってくれる町の人達の熱い声援にはどれだけ励まされたことか。結局なんだかんだ言っても走り終わってみれば、ありがたかった声援と心地よい疲労感と達成感しか残らないものである。

南阿波サンライン 第一展望台 Migishita_03

やっぱり四国はいいところだなぁ、、、としみじみ感じた自然豊かな四国の右下での一日であった。

iPhoneで取ったGPSのログをルートラボってみました。

| | コメント (2)
|

炭酸煎餅

もうずいぶん前に ワレ でも書いたけど、炭酸煎餅が大好きである。控えめな甘さとパリパリとした歯ごたえがたまらない。

有馬温泉ではあっちでもこっちでもこの炭酸煎餅が売られている。多分どこのお店でどの炭酸煎餅を買ってもたいして違いはない。・・・と思っていたが、どうやら違うようだ。

有馬温泉のあっちにもこっちにもお店がある "三津森" さん。古い造りのお店の方で売られている炭酸煎餅は32枚入り(2枚一袋X16袋)で945円。少し下にあるお店では 18枚入り(6枚X3袋) が250円で売られている。1枚の単価は 29.5円13.9円 になり、倍以上も違うことになる。(包装の仕方も違うので単純には比較できないが。)

その差の理由は単純明快。安い方は機械での大量生産。高い方は職人さんが一枚一枚丁寧に焼いているイワユル手焼きである。人が手間を掛けている分だけ値段が高いのだ。

では味はどうなんだろうか?人の手で焼こうが、機械で焼こうが同じ炭酸煎餅。味が変わらないのであれば安い方をたくさん食べられた方がいい。特に私は何かと違いのわからない奴なので、安い方で充分かも知れない。

そこで、今回は手焼きと機械焼きの両方の炭酸煎餅を買い求め、どちらかわからないようにして食べ比べてみることにした。そして厳正なる食べ比べをした結果、この違いのわからない私が 「味がしっかりしていてコクがあるこっちの方が好き。」 と選んだのは、、、ジャーン! 1枚29.5円の手焼きの方。
珍しく違いのわかった炭酸煎餅。これからは手焼きの炭酸煎餅を一枚一枚じっくり味わって一枚一枚大切に食べようと思う。

左が機械焼き。右が手焼き。
Tansan_senbei01
右の手焼きの方がやや小さくやや薄く、縁の処理が雑。
Tansan_senbei02
炭酸煎餅職人。
時々窓を開けて焼き立ての煎餅のカケラをくれる。
Tansan_senbei03


| | コメント (4)
|

1,976km

1,976km
2010年に自転車で走った距離。
去年は新しい自転車に浮かれて結構走ったのでそれと比べるとちょっと少ない。けど、特筆すべきは今年は12月に入ってから毎週末走ったこと。比較的暖かくてお天気が良かったこともあるけれど、真冬の12月に毎週走ったなんてことはここ数年無かった。

今年は大好きな島巡りとびしま海道に始まり、初めて自転車で六甲山に登った。憧れの多摩川サイクリング・ロードも走ったし、東京都内の名所を自転車で周った。白山スーパー林道サイクリング2010に参加したし、合掌造りを巡るポタリングもした。世界遺産の高野山にも登ったし、ひまわり畑も走った。去年に引続き石垣島アースライドにも参加したし、おまけに西表島も走ることができた。

一年間元気に、そして何よりも一緒に走ってくれる仲間がいるってこと、毎年大晦日に一年を振り返ってしみじみ幸せなことだなぁ、と思う。

一緒に走ってくれた皆さん、本当にどうもありがとう。
来年も是非よろしくお願いします。 

良いお年。

| | コメント (4)
|

【インカへの道】 アンデスの動物たち

今回の旅行は、たくさんのアンデスの動物たちにも出逢えた旅でもあった。

せっかくなので、ペルーで出逢った動物たちを紹介しておこう。


アルパカ

いろんなところで出逢える 。野生はおらず、ほとんど家畜だそうだ。セーターやマフラーにいちばん利用されている。ガイドさんの粋?な計らいで一度だけ夕食に戴きました。

こんなところで暮らしてます。

Alpaca_01

逃げないでー

Alpaca_02

コルカ渓谷の小さな村マカの人気者、
ペペちゃん。

Alpaca_03

アルパカの赤ちゃん。連れて帰るーっ!

Alpaca_04

毛を刈らないとこんな立派な姿?

Alpaca_05


クイ(テンジクネズミ) ◇

かわいーっと写真を撮った直後、

Cui_01

Cui_02

昼食に出てきて息をのんだ。

Cui_03


ちょっと怖々。

Hawk_01


リャマ

マチュピチュ遺跡にもいます。

Lama_02

Lama_03

チュッ

Lama_01


コンドル

アンデスのコンドルは世界最大の猛禽類

Condor_01

・・・とはいえ、こうなるとお茶目。

Condor_02


の置物 ◇

侵略してきた "闘牛の国スペイン" に敬意を表している、
といいつつベロを出している。

Cow_01


ビクーニャ
カシミヤよりもて肌触りがよく希少価値がある。一時は絶滅の危機に瀕したが、保護地区が設けられその数は徐々に回復している。

とても高価には見えませんが、、、

Vicuna_01

保護に協力し、草をあげました。

Vicuna_02

マフラー、約6万円也。

Vicuna_04

こんなお尻でしゅ。

Vicuna_03


ビスカチャ
(うさぎみたいだけどリス科だそうです。) 

マチュピチュ遺跡内にて発見。

Viscacha


トカゲ

同じくマチュピチュ遺跡内にて発見。
 

Tokage_01


マチュピチュ村の犬

生きてます。

Machupichu_dog01

ヨダレを垂らして呑気に寝ているだけです。

Machupichu_dog02


インカ犬 (ヘアレス・ドッグ)

銅像にしか見えません。

Inca_dog02

寝ていても人相(犬相)悪し。

Inca_dog01


そして最後に、、、


◇ 日本から連れて行った(連れて行ってもらった?)
  学名:ホモサピエンス

この左側と真ん中のヒト科の気のイイ2頭のお陰で
ペルー旅行が何倍も何倍も愉しいものとなった。

Friends_01


[ お し ま い ]

| | コメント (2)
|

«【インカへの道】 石を軟らかくする方法